ヒゲ脱毛することのメリットやデメリット、回数や痛み、費用などを三太郎が実際に体験レビュー。脱毛サロン、エステ、医療脱毛それぞれの良いところ悪いところを徹底比較しました。

脱毛の種類

ニードル脱毛のメリットとデメリット!施術の痛みや料金・脱毛の効果

更新日:

ここではニードル脱毛という針をつかった脱毛方法について、メリットやデメリットを解説しています。

はじめに言っておきますが、ニードル脱毛は全員に適した脱毛法とは言えません。

なぜなら料金が高い&非常に痛いからです。

ですが、ニードル脱毛はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛をしたことがある方で、増毛化や硬毛化になってしまった人、もしくはヒゲに白髪が多くなってきた人に適した脱毛方法とも言えます。

せっかく脱毛したのに部分的に毛が増えてたりするのは残念。そこで最終的に確実に処理できるのがニードル脱毛じゃ!

それではニードル脱毛とはどんな脱毛方法なのか、痛みや料金、効果について詳しく解説いたします。

針を使って毛の再生力を奪うニードル脱毛の特徴

ニードル(針)脱毛とは、毛穴に細いハリを刺して1本ずつ処理を行っていきます。

そのハリに電気を流すことで毛根内の毛を生やす細胞を死滅させ、活動を停止させてしまうというものなんです。

単純かつ明快、とてもわかりやすい仕組みですね。

光やレーザーでも同じように毛根にアプローチして働きを弱めていきますが、ニードルだとより直接的に作用させられます。

実はとても古い歴史があって、始まりは19世紀、逆さまつげを治療するために毛根に対して電気分解法と呼ばれる組織破壊を行ったのが最初だとされているんです。

その後改良を重ねていき、美容目的の脱毛機器が1970年代に日本に輸入されて以来、現在に至るまで長きに渡って多くの施術が行われています。

何だか信頼できそうな方法ですね。けれど、そんなニードル脱毛にもちょっと注意しておきたい点があるんです。

調べていくと気になってくるニードル脱毛の問題点

100年以上前から行われてきたというニードル脱毛についていろいろと調べてみると、なにやらスムーズに挑戦しづらいデメリットが浮かんできます。

悶絶するほどの痛み!

ニードル脱毛を行う際に避けて通れないのが刺激に関すること。

施術方法を知った段階で何となくわかるでしょうが、毛穴にハリを刺すというだけでもハードルが高そうなのに、その上で電気まで流されて細胞を破壊するのですから、痛くないわけがないんですよね。

よく光やレーザー脱毛で瞬間的に弾かれたような痛みを感じるという声が聞かれますが、ニードル脱毛はそれとは少し異なって、まずはハリを刺す時に注射をした時のようなチクッとする痛みに続き、電気を流す際にはそれ以上の激痛が襲ってきます。

人によって感じかたは違いますが、皮膚の内部でビリビリと鋭い痛みを生じて、息を止めて過ごそうとしても冷や汗が浮かんでしまうほどだという声が少なくありません。

タトゥーを入れたことがあるというかたの中には、その時よりも辛かったという感想も聞かれます。よほどのものなんですね。

1本ずつの費用計算となり料金が他よりも割高

ニードル脱毛は物理的に痛いだけではありません。お財布へもダメージを与えます。

ニードル脱毛はその特徴として、ムダ毛1本の処理につきいくらという単価や、施術時間などで費用計算がされますので、他の脱毛方法と比較して非常に割高になるというのがデメリットなんです。

1本あたりの処理で大体100円から180円程度、1分間で600円から700円程度の施術費用が相場になります。

ヒゲの本数って一般般成人男性でもかなりの差があるのですが、脱毛を考えるほど濃い人で平均の15,000本よりも少し多めの20,000本と仮定しましょう。

全てツルツルにしようと思ったら、2,500,000円前後はかかってしまうことになります。車が買えてしまいますよ。

処理に時間がかかるので広い範囲には適していない

施術方法からわかるように、まとめて脱毛できないというのが大きなネック。

1本ずつ毛穴にハリを入れて電気を流して処理する、これを密集しているヒゲに対して行おうと思ったら気が遠くなりそうです。

そういった点を考慮しても、ニードル脱毛は部分なムダ毛を処理するのに向いている方法なのがわかりますよね。ヒゲ脱毛に利用しようと思ったら、ちょっと考える必要があるでしょう。

さて、問題点ばかり挙げてしまいましたが、ニードル脱毛は他の脱毛にはない大きなメリットもあることを知ってからでも、判断は遅くはありません。

ニードル脱毛で得られる嬉しい効果

施術後すぐに脱毛効果がわかる

ニードル脱毛は少し伸ばしたムダ毛に対して毛穴にアプローチ、電流を流すと細胞が破壊されたムダ毛はスルリと抜け落ちます。

この時点でもうムダ毛は再生力を失っているんです。その場で脱毛効果を目に見えて実感できるというのが最大のメリットで、何度も照射を重ねて少しずつムダ毛を減らしていく光やレーザー脱毛とは全く違うんですね。

しかも永久脱毛なので、再び生えてくる確率もとても低いんですよ。

とは言え、1回の脱毛で対処できる範囲も時間も限られていますから、顔全体のヒゲを脱毛しようと思ったら何度も施術に通う必要がありますけれどね。

白髪も問題なく脱毛可能

続いて、光やレーザー脱毛ではできず、ニードル脱毛だからこそ可能になるのが白髪の脱毛。

前者はメラニン色素、つまり黒い色に反応させて高熱を発生、毛根にダメージを与えていくという脱毛方法になるので、細い毛や白髪には効果を期待できないんです。

ところが、直接毛穴にハリを刺して1本ずつ処理を施すニードル脱毛なら別。年齢を重ねて白髪混じりになってしまったヒゲだって、ツルツルにすることができます。

好きな形にヒゲを整えられる

ニードル脱毛は完全に無毛状態にはせず、1本ずつ丁寧に脱毛できる利点を生かして無駄に生えている部分だけ処理し、好みの状態にヒゲを形作っていけるのも便利なんです。

これならば心配される費用が抑えられますし、かつ脱毛したヒゲはほぼ再生してこないので都合よく利用できますよね。

痛みやお金の面などの不安もありますが、嬉しいメリットもたくさん。では、実際にヒゲを処理するためにニードル脱毛を選んだかたは、どういった感想を抱いているのでしょうか。

ニードル脱毛でヒゲを綺麗にした人達の反応

ニードル脱毛を選んで良かったという口コミ

思春期から生え始めた濃いヒゲが長年のコンプレックス。確実性を優先してニードル脱毛を選んだけれど大正解。確かに高いけれど、通うたびにみるみるヒゲが減っていった嬉しさのほうが勝りました。もうヒゲ剃りした後の汚い肌に悩まされることはありません。

彼女から大不評の青髭を解消するために挑戦。痛いけれど、クリニックで脱毛したから麻酔も使えたし何とか乗り越えられました。それに、仕上がりがとても綺麗ですね。

せっかく脱毛してもまた再生してきたら意味はないし、永久脱毛ができるという理由でニードル脱毛にしました。あれから何年も経っているけれど、依然としてツルツルの状態をキープ。また生えてくるじゃないかと怯える必要もなく、自信を持てる肌を手に入れられました。

ニードル脱毛を選んで後悔したという人の口コミ

痛い痛いとは聞いていたけれど、まさかこんなに刺激が強いとは予想していませんでした。早々にギブアップ。高いお金を払っていい勉強になりました。

肌が弱いのでちょっと不安はあったのですが、やはり施術後に腫れてしまって赤みが引くまで時間がかかります。多かれ少なかれ出る症状みたいだけれど、肌に変化が出るほどの負担があるのは正直怖いです。

少しずつ施術を重ねて処理をしていきましたが、いよいよ費用面が苦しくなってしまい断念しました。痛いのをやり過ごせば確実に綺麗になれるのはポイントが高いのですが、高いのは厳しいですね。

ニードル脱毛を受けてよかったと感じている人は、長年苦労してきたヒゲ処理から解放された喜びが大きいようです。ただ、痛みが我慢できない、とにかく高いなど継続が困難になるケースが少なくありません。自分ならどうやったら快適な脱毛ができるか、慎重に検討していかなければなりませんね。

では、そんなニードル脱毛は皆さんどんなところで受けているのでしょう。

ニードル脱毛を受けれるメンズ脱毛エステはここ

ニードル脱毛は、基本的には美容皮膚科や美容外科といったクリニックで受けることが可能です。

といっても、どのクリニックでも取り扱っているわけではありませんから、ホームページなどで下調べをする必要はあります。

それから、特別な資格を有しているエステティシャンが在籍しているのが、メンズTBCです。

脱毛サロンですが、ニードル脱毛といえばここだと思い浮かべるかたが多いですね。

メンバー料金は1本あたり108円という低価格でヒゲ脱毛できるのが最大の魅力。

肌へのダメージが気になるかたには、脱毛の前後にコンディションを整えるケアも行っているというはさすがのエステです。

ただ、そうした配慮がされている点は嬉しいものの、ニードル脱毛はそれほど肌に負担がかかるものなのか、口コミでもトラブルがあった人がいるみたいでしたし、ちょっと気になってきますね。

ニードル脱毛で受ける肌ダメージに関すること

まず、施術が単純に痛いというだけではなく、電気を流すことで発する熱が火傷の原因になることがあります。

適切な処置をしていればほとんど心配はありませんが、赤くなった、腫れたという意見があったのは施術を行ったスタッフの技術不足もあって、正しい処理ができていなかったと考えられるでしょう。

こうした火傷の問題は、その場では問題がなくても後から症状が出てくることが多いんです。様子を見て問題が解消しないようであれば、すぐに診察を受けてくださいね。

また、ハリを刺すという行為に対して、感染症のリスクも考える必要があります。

とはいえ、近年では1人1人専用のハリが用意されていますので、昔のようにこの手の問題は耳にしなくなりました。だからこそ割高になってしまうというデメリットはあるものの、安全性を鑑みれば仕方がありません。

ただ、危険性が0ではないということを知っておくことは大切です。

心配ならニードル脱毛は最後の手段に取っておこう

濃いヒゲに対しても脱毛効果が高い、再生率がとても低い永久脱毛が可能。この点は確かに魅力的ですが、メリット以外のデメリットも目につくところは不安です。お金もかかるし何より痛い、こういった点が踏ん切りをつかなくさせてしまっています。

でしたら、まずは脱毛効果が劣るものの挑戦しやすい光やレーザー脱毛から始めてみて、様子見してみるのがいいでしょう。

安くて痛みが少ない方法ですし、これで満足の行く効果が出れば儲けものです。その上で、施術を重ねてもヒゲが綺麗にならない、白髪だけが残って不恰好、再生してきた、そんな問題が起こったら、今度こそより確実なニードル脱毛を選ぶのがおすすめ。

この方法なら、後悔が少ないのではないでしょうか。

レーザーや光脱毛で「硬毛化」してる方は迷わず電気脱毛へ!!

ヒゲ処理にニードル脱毛を上手く活用していこう

ニードル脱毛は脱毛効果が非常に高いこと、ヒゲの質を問わずに綺麗にできるのがメリットであり、高額な上に痛みを伴うことや肌トラブルに注意しなければならない点がデメリットです。

その場ですぐ効果が出るのは快感ですが、痛みを我慢して施術を受け続けるのは少し勇気がいりますね。

しかし、他の脱毛方法も考慮をしていきながら、そこに上手くニードル脱毛を組み込んでいければ、満足度の高い施術が可能です。よく考えて利用していきましょう。

-脱毛の種類

Copyright© ヒゲ脱毛【三太郎が解説】 , 2019 All Rights Reserved.